フカボリ

江戸時代からつながる、ものづくりの伝統文化-プラモデルで世界を魅了。静岡にこだわるBANDAI SPIRITS

2023年6月12日

目次

・静岡が世界に誇る産業『プラモデル』の技術を中国・韓国の視察団へ紹介
・進化し続けるBANDAI SPIRITSの技術に視察団も驚き

静岡が世界に誇る産業『プラモデル』の技術を中国・韓国の視察団へ紹介

アニメとともに世界でも人気が高まっている、日本のプラモデル。

今回、「東アジア文化都市」春の式典開催に合わせて静岡県に訪れた中国・梅州市、韓国・全州市の派遣団が株式会社BANDAI SPIRITSバンダイホビーセンターを視察しました。

韓国・全州市派遣団
中国・梅州市派遣団

静岡県は良質な木材が豊富であったことから、古くから木材加工が盛んで、優秀な職人が全国各地から集まり、優れた木製玩具や木製模型の生産が始まったといわれています。
戦後、いち早くプラスチックへの素材転換に成功した本県メーカーが、業界の先導役として多くのヒット商品を生み出してきました。プラモデルの令和2年製造品出荷額は289億円(※)と全国の86.5%を占めており、静岡を代表する産業の一つです。
【※出典:令和3年経済センサス-活動調査産業別集計(製造業)「品目編」(経済産業省)】

〈東アジア文化都市〉
日本・中国・韓国の3カ国で選ばれた都市が、1年間の文化交流イベントを実施する。10年目の節目を迎える2023年は、中国の成都市、梅州市、韓国の全州市とともに、静岡県が日本の代表として選ばれました。

BANDAI SPIRITSのプラモデル

進化し続けるBANDAI SPIRITSの技術に視察団も驚き

今回視察したのは、日本を代表する玩具メーカー・株式会社BANDAI SPIRITSのプラモデル生産拠点であるバンダイホビーセンター。

BANDAI SPIRITSの静岡工場は、1960年代に設立され、当初は航空模型を中心に製造していましたが、1970年代からプラモデル製造に特化し、今日まで続いています。BANDAI SPIRITSのプラモデルは、高い精度とリアルなディテールが特徴で、多くの人々から愛されています。

(株)BANDAI SPIRITS 中桐さん
-徳川家康公が、静岡浅間神社や久能山東照宮の造営の際に、日本中の優秀な職人を集めたことが、静岡のプラモデル文化の発端と言われています。静岡には、プラモデル文化を支える多くの協力工場があり、高度な技術力を有する人材もいる、最適な場所です。

(株)BANDAI SPIRITS 中桐さん。会社の制服はアニメのガンダムの登場人物をイメージしたもの。

-最近は、人の肌の色をいかに表現するかとこだわったものや、廃棄されてしまうプラモデルのランナー(プラモデルの枠の部分)を回収して新たなプラモデルとして生まれ変わった商品など、プラスチックの再利用や削減にも取り組んでいます。

肌色にこだわったというフィギュアを撮影
リサイクル原料で作られたエコプラ(真ん中)と石油を使わない原料で作られたプラモデル(右)

派遣団は、静岡県のものづくりの伝統やBANDAI SPIRITSの歴史、プラモデルができるまでの過程などについて見学をしました。

参加者からは、「BANDAI SPIRITSやプラモデルのことは知っていたが、静岡県を製造拠点とする企業であることは知らなかったです。今回、視察をして、プラモデルが驚くほど精巧にできていることを知りました。このようなきめ細かな仕事ができるのがさすが日本人ですね」(韓国全州市 文化政策課東アジア文化都市チーム長 朴 昭英さん)、「中国でも子ども達や若い年代の方にはプラモデルは大人気。開発から生産までの細部に至る部分でレベルが高く、かつ、大量生産をしているので効率性も高い。コスト削減につながっている様は目を見張るものがあった」(中国梅州市 副市長 趙東さん)と企業の努力と熱意に感銘を受けていました。

説明を受ける視察団の皆さん

(株)BANDAI SPIRITS 中桐さん

-バンダイホビーセンターでは、プラモデルの企画から設計、金型、成形、生産、品質管理までを一貫して行っているため、高品質なプラモデルができあがるのです。ここで生産されるプラモデルは、日本国内だけでなく、世界各国で人気を博しており、多くの国に輸出されています。日本だけでなく、アジア、アメリカ、ヨーロッパなどでもプラモデルの人気は高いです。これからも感動を世界へ届けていきたいですね。


静岡県は、ものづくりの中心地の一つであり、多くの企業が設立されています。
派遣団が、静岡県の持つものづくりの伝統や技術に触れることで、日本、そして静岡県のものづくりの素晴らしさを感じていただき、静岡県と中国梅州市、韓国全州市の交流を深める機会としても意義深いものとなりました。
今後も、交流が盛んになり、文化や経済の交流が発展することを願っています。


▼今回視察したのはこちら
株式会社BANDAI SPIRITS「バンダイホビーセンター」
https://www.bandaispirits.co.jp/hobbycenter/
※現在、バンダイホビーセンターの見学は、一般の受付を中止しております。

▼東アジア文化都市2023静岡県
https://culturecity-shizuoka.jp/

INFORMATION

プラモデルで「ものづくり」を学ぼう!

バンダイホビーセンターでは、小学校の授業にぴったりなプラモデル工場見学動画配信&組み立て体験ができる「ガンプラアカデミア」を行っています。
「ものづくり」の面白さや、ものをつくる仕事の楽しさや奥深さを感じていただける無料の授業パッケージです。昨年度は2,418校(小学校)、15万人を超える児童が参加しました。
※申込は文部科学省が定める小学校のみ

https://gunpla-academia.jp/


©創通・サンライズ

FacebookTwitterLine
記事一覧へ

最新記事

サムネイル

社会とのつながりのきっかけに 今注目されている「バ…

サムネイル

食を通じて伊豆を体感。誰もが楽しめるグルテンフリー…

サムネイル

「スポーツ総合産業化関連事業」って?スポーツ政策課…

過去の記事